ビジョン

Vision

手段としてのIoTを
社会課題解決に結びつける

IoTデバイス事業化・開発センターは、長野県が誇る精密機械・電子デバイス等の開発・生産技術を社会課題解決に資する事業へと発展させるあらゆるプロセスを支援いたします。
また長野県外事業者様に対しては、県内事業者が持つIoT関連技術の利活用ご提案、事業者とのマッチング等のご支援を致します。

ごあいさつ

長野県の産業は、製造業をはじめ農業や観光関連の産業が主要な外貨獲得の担い手となり今日まで発展してきました。製造業においては、精密加工技術や電子部品・デバイス関連の特徴ある技術を創出し続けることで、業界を支えてきました。
また農業においては、長野県発の新品種や高品質品種などによる海外需要の創出、観光関連産業においては、山岳・温泉などの観光資源がインバウンド顧客を誘引し、業界の発展に貢献してきました。そして、主要産業が刻々と変化する時代を迎え、すべての産業において、AI、IoTの利活用、DX(デジタルトランスフォーメーション)の推進による事業やサービスの高付加価値化が期待されています。例えば、

・センシング技術・計測データを活かした、新しいサービスの創出
・計測データの収集・解析による農林水産物の品質向上
・観光客や旅行者の消費傾向、顧客満足度の可視化によるサービス品質の向上

など、サービスや商品の創出&品質向上につながる様々な活用方法が考えられます。長野県のすべての産業は、今後も発展の可能性を十分備えています。そしてその将来性こそが長野県の強みなのです。
AI、IoTの利活用、DXの推進による、新規事業の創出に向けて、ぜひ皆さまの積極果敢なチャレンジと、本センターの積極的なご活用をお願い申し上げます。

長野県工業技術総合センターAI活用/IoTデバイス事業化・開発センター
IoT事業化プロデューサー 相馬 功