株式会社カウベルエンジニアリング

株式会社カウベルエンジニアリング

カブシキカイシャカウベルエンジニアリング

事業内容 ● 自社ブランドのIoTゲートウェイ「ConverIoT-ASC」を中核にした、センサ情報の可視化、工場・ビル等のIoT化、DX化ソリューションを事業展開しています。
● OEM/ODMによる、回路設計、ソフト設計、試作・評価、量産、品質保証の一貫体制でお客様に貢献しております。
所在地 長野県佐久市長土呂1739-1
URL https://www.cowbell.co.jp/
種別 ● センシング技術開発
● ハードウェア制御ソフト開発
強みとする技術 IoTゲートウェイ「ConverIoT-ASC」の特徴
● 高いセキュリティを担保
日本マイクロソフト社が提供する Azure Sphere/Azure Sphere OSを搭載し、常にネットワークセキュリティを最適な環境に維持し、マルウエア・ハッキングなどの脅威から守ります。
ネットワークセキュリティが高いから、安全に遠隔制御可能です。

● 多彩なインターフェースに対応
様々なセンサ・装置・機器に接続できます。
 センサインターフェース(4-20mA/0~5V アナログ入力)
 RS-485,RS-422,Ethernet,RS-232Cなど各種シリアル通信
接点出力により、制御することもできます。

● 直ぐにIoT化できる、プラグランドプレイ(PnP)モデル
センサ、IoTゲートウェイ、可視化WEBアプリをセットにしたワンパッケージ商品を準備しています。セットアップは簡単!届いたその日からIoTを体験できます。

● 各種カスタマイズにも対応
ハードウェア・ファームウェア・アプリケーション全てが社内開発の為、お客様のご要望に応じたカスタマイズ提案ができます。
IoT開発事例 ● 近接センサで、製造装置の動作回数と良品数をカウントし、生産数量・進捗・歩留まりを遠隔監視。生産効率の可視化・改善に活用頂いています。
● 温湿度センサで、温度と湿度を常時蓄積し、周辺環境や場所の違いによる変位を遠隔監視。定期的なデータ収集業務を削減でき、温湿度変化の分析に活用頂いています。
● 電流センサで、装置の消費電流を監視し、装置の予知保全の情報として活用頂いています。